English version
German version
Spanish version
French version
Italian version
Portuguese / Brazilian version
Dutch version
Greek version
Russian version
Japanese version
Korean version
Simplified Chinese version
Traditional Chinese version
Hindi version
Czech version
Slovak version
Bulgarian version
 

食事療法が蟹座の危険にいかに影響を及ぼすか

国会 RSS Feed





食事療法は二重研がれた剣である。不適当な食事療法は癌の危険を高めるが、適切な、よく釣り合った食事療法は癌の危険を減らす。

食事療法は最も重要な生活様式の要因の1 つ、大きい腸、胸、および前立腺の癌の80% までを占めるために推定された。食事療法は肺、前立腺、胃、食道および膵臓の癌を含む多くの他の癌の危険に、影響を与える。

前立腺癌:
肉、特に赤身の高い消費は、大幅に前立腺癌の危険を高める。

野菜、特に調理されたトマトは、前立腺癌の危険を減らす。1 つの臨床試験では、要因を減らす前立腺癌としてビタミンE の役割は確立された。この調査に制御と比較されたときビタミンE の補足を受け取っている人々の前立腺癌の死亡率の前立腺癌の発生そして41% の減少に32% の減少があった。

乳癌:
日本では、人々はTofu 、大豆プロダクトを消費する。それは胸のティッシュのようなボディでイソフラボンをその適当エストロゲンの受容器含んでいる。乳癌の発生は西部の女性と比較されたとき日本で低い; 西部の女性の死亡率率の1/4 だけ。低の日本の女性の脂肪質の食事療法、高い魚消費および飲む緑茶はまた彼女達の乳癌の危険を減らす。

1 つのケースコントロール研究は大豆の食糧の規則的な消費がpremenopausal 女性の乳癌の危険のマーク付きの減少と関連付けられたことが分った。post-menopausal 女性の効果無し。

日本場合制御調査はまたtofu の取入口(より少しにより3 times/wk と比較される3 times/wk) がpremenopausal 女性の乳癌の減らされた危険と関連付けられたことが分った。再度、大豆の取入口はpost-menopausal 乳癌に対して保護でなかった。

大豆の取入口と乳癌の危険の間でアメリカで、関係は行なわれた1 つの調査ではtofu の消費がpremenopausal 及びポストのmenopausal アジア女性で保護だったことが分った。

肺癌:
肺癌の危険は色々なカロチノイドによって大幅に減る。カロチノイドはように酸化防止剤機能し、こうして細胞傷害を最小にする。

ボストンの1 つの調査は異なったタイプの肺癌の危険のカロチノイドの効果に焦点を合わせた。肺癌の危険が色々なカロチノイドの食事療法の最高を消費した主題でかなりより低かったことが観察された。これは63% がより少ない危険あった禁煙家と特に本当だった。

ハワイで行なわれた1 つの調査は肺癌に対してあるカロチノイドからの保護効果のためのそれ以上の証拠を報告し、そのより大きい保護は特定のカロチノイドで豊富な食糧だけと比較された色々な野菜の消費によってできられた。

胃癌:
食糧の硝酸塩及び肉を含む食糧に加えられる他の防腐剤は' 人間の胃の亜硝酸塩に変えられる。' ニトロサミン及び' nitrosamides を形作るために亜硝酸塩はnitrosation を経る。これは硝酸塩の豊富な土から野菜を食べている人々の胃癌の危険を高める。

1 つの調査では、ビタミンC は胃の硝酸塩の形成の禁止によって胃癌の危険に対して保護したようである。

胃の蟹座は5 西部の人口と比較される日本の人々で倍共通である。日本の人々が米国に移住したときに、彼らの食事療法の変更のために漸進的に米国の低い発生を得た。

日本語及び白人両方含んだハワイで行なわれた1 つの調査では、胃癌の危険はビタミンC の取入口との米の消費と、ピクルスにされた野菜、およびdried/salted の魚、および否定的な連合関連付けられた。

ベルギーの1 つの生態学的な調査は硝酸塩及び塩の消費と胃癌間の関係を示した。このモデルの分析は胃癌の死亡率のための危険率がより高いナトリウムと著しく増加したと同時に硝酸塩の重大さが水平になることを示した。

食餌療法の習慣および胃癌の危険は上海、中国で調査された。この調査に従って、胃癌の危険は蛋白質、脂肪、繊維、茶および酸化防止ビタミンのような新鮮な野菜を含む複数の食糧グループの高い消費と逆に、およびフルーツ、家禽、卵、植物オイル、およびある栄養素関連付けられた。

対照によって、食餌療法の炭水化物の増加する消費と、維持された高められる、危険塩辛いまたは揚げられていた食糧そして熱いsoup/porridge の頻繁な消費、不規則な食事と、食べることを促進し、食べることをbinge 。これは証拠を提供する演劇を胃癌の危険に於いての大きな役割食事療法する。

食糧は完全に癌を防ぐことができない異なったグループの釣り合った組合せは助けることができる。適切な食事療法は3-4 百万の癌を毎年防ぐことができる。
著者について:

蟹座は人間間の主要な死因の1 才である。訪問 http://www.cancer-data.comの健康の制御の取得についての詳細を学びたいと思うそれらのための自由なウェブサイト。

記事のソース: Messaggiamo.Com

Translation by Google Translator





Related:

» Tattoo Me Now!
» Turbulence Training.. is Amazing
» Acne Free In 3 Days
» Master Cleanse Secrets 10 Day Di


ウェブマスター向けのHTMLコードを取得
この記事を追加してお客様のウェブサイトを今しなさい!

ウェブマスター向けの記事を送信してください
登録の必要なし!フォームに記入してください Messaggiamo.Com 記事は、ディレクトリ!

Add to Google RSS Feed See our mobile site See our desktop site Follow us on Twitter!

記事を送信してください Messaggiamo.Com ディレクトリ

カテゴリ


著作権 2006-2011 Messaggiamo.Com - サイトマップ - Privacy - ウェブマスターの記事を送信してください Messaggiamo.Com ディレクトリ [0.06]
Hosting by webhosting24.com
Dedicated servers sponsored by server24.eu