English version
German version
Spanish version
French version
Italian version
Portuguese / Brazilian version
Dutch version
Greek version
Russian version
Japanese version
Korean version
Simplified Chinese version
Traditional Chinese version
Hindi version
Czech version
Slovak version
Bulgarian version
 

箱の外

会計 RSS Feed





箱の外

時々呼ばれるので"箱" の外で考えてまたは、"ラインの外の着色" はビジネス世界の普及した考え今日である。生産を流線形にするか、新製品を確立するか、または新しいプロセスを開発することのような問題を解決する必要があるとき人々に及び組織は創造性を刺激する方法としてラインの外の箱か色の外で考えるように言われる。そしてそれは創造性及び革新が頻繁に予想外及び独創的な考えることから起こること本当である。

しかし余りに広くそのような考えることを適用することを試みることを用いる深刻な問題がある。

例えば、創造性は芸術及び広告で、ない銀行業及び会計で評価される。会計事務所は最近箱の外で。"考える" ことができる提案する広告を動かした実際にあなたのビジネスに勘定操作と関連付けられてほしいか。会計士は右の箱に数を置くために仮定されないか。勘定操作はEnron のための深刻な問題でなかったか。

実際は、ゆとりの考えること及び作り出す創造性は箱の外で考えることの問題稀にでない。そしてラインの外の着色は大概は公正で薄く水っぽい技量である。明確な考えることの芸術は右の箱か部門へ思考を置くことの問題である。明確な考えることは精神構成の問題である。逆に、薄く水っぽい考えることは考えを間違った箱に入れるか、または全然順序で置かないことの部門の混乱を、含む。創造的または公正で彼/彼女の部屋を薄く水っぽいまっすぐにしない子供はであるか。重要な相違がある。創造性は時々外部観測器に薄く水っぽく間、sloppiness から出ない。

ピカソは創造的な芸術家だった。

しかし彼の創造性は彼が作り出した芸術の問題でなかった。実際は彼の抽象的な仕事は技術に薄く水っぽい。それは子供の仕事のように見える。ピカソは彼が前に彼自身をのでラインの中でとてもよく着色できる芸術家確立してしまったのでただ彼の抽象美術を販売できる。最初に彼の功妙な才能証明されなかった彼がより少しの従来の方法で、彼の抽象美術大いに価値があろうあった。芸術に新しい方向を確立するのに彼は従来の芸術家として彼の評判を使用した。彼は箱の外でそんなに彼が箱の境界そして定義を拡大したので、着色しなかった。しかしポイントは彼の抽象的な作成が従来の芸術の彼の証明された能力のために貴重しかでなかったことである。

抽象画家として自分自身を確立するための私の自身の努力を対照しなさい。私の芸術は私がずっと従来の芸術家として自分自身を証明できないので見過ごされている行った。ない私は実際に私そうすることを試みたがこと例として自分自身をポイントを作るのに使用している。奇抜なアイデアの創造性は順序及び構造の訓練が貴重であるように要求する。ピカソの芸術は彼がラインの外で計画的に着色した堪能なペインターだったので貴重である。私の芸術は私が堪能なペインターでないし、ラインの外で偶然着色するので貴重でない。2 つのプロダクトが類似している見るかもしれない間、相違は重大である。

創造性はであり規則を壊すより多く。

同様に、彼の本の英国文法、何かの規則を壊せたHeller がヨセフは彼がそれらの親友密接にだったので(Scribner 1974 年) 、しかしながら起こった。英語をサウスカロライナの大学で教えて、彼は文法のマスターだった。そしてしか彼の専門知識から彼は創造的に開発し、拡大し、そして定義し直す文法の境界をできなかった。そしてそうそれは箱の外で考えることに関してある。

箱の中で考えられるから離れた箱の外で考えることは無益である。

そのような思考はちょうど明白な薄く水っぽい。従って、創造性が箱の外で考える機能にあるという提案は大抵ナンセンスである。創造性は才能、能力および訓練から出る。能力を開発するために才能は訓練の金敷で造られ、形づかなければならない。大きい能力は調査、訓練および練習の結果常にである。

創造性は問題より多くの箱自身がであることを見ることのであり不十分、よりよい整理かよりよい定義を提案する。創造性は箱を単に放棄しない、それらに密接に馴染むことの後のそれらを定義し直したりおよび/または再配列する。実質の創造性は訓練及び順序のフルーツ常にである。創造性は、粉れもなく創造的で、単に薄く水っぽいないdisorganization であるために、訓練から現れ、計画的の努力として命令しなければならない。

創造的な考えは頻繁に予想外の場所からunbidden 来る間、訓練、調査および順序がそれの何かを作るように要求する。訓練及び順序から離れてナンセンスは創造性のためのどんなパスである、及び提案するために別の方法で実際に創造的なプロセスのか下を掘ったりおよび/または弱める。

何が私達の企業のためのこの平均か。ディストリビューター及び製造者は基本原則の習得に創造性の名で規則を壊すように試みる前に彼ら自身を適用するべきである。箱の外で始めてはいけない。最初に、箱の内で考えるあなたの機能を確立しなさい。それらを壊すことを提案する前に規則を習得しなさい。例えば、一手配給権はキャンペーンのための顧客に野生、革新的な概念を示す前に、最初によいROI の収穫の実績がある考えやキャンペーンの専門知識を確立するべきである。デザイナー、芸術家、およびコピーの作家は箱の外で実験する前に基本原則の彼らの支配を確立するべきである。大概は重要な原料は箱の中にある。

?2002 Phillip A. ロス

記事のソース: Messaggiamo.Com

Translation by Google Translator





Related:

» Run Your Car On Water
» Recession Relief
» Advanced Automated Forex Trading
» Profit Lance


ウェブマスター向けのHTMLコードを取得
この記事を追加してお客様のウェブサイトを今しなさい!

ウェブマスター向けの記事を送信してください
登録の必要なし!フォームに記入してください Messaggiamo.Com 記事は、ディレクトリ!

Add to Google RSS Feed See our mobile site See our desktop site Follow us on Twitter!

記事を送信してください Messaggiamo.Com ディレクトリ

カテゴリ


著作権 2006-2011 Messaggiamo.Com - サイトマップ - Privacy - ウェブマスターの記事を送信してください Messaggiamo.Com ディレクトリ [0.04]
Hosting by webhosting24.com
Dedicated servers sponsored by server24.eu